地域シンポジウム  10月24日 (金) [13:00〜16:30]

  農業における多様な主体の協働の展開
 
                −農はみんなで創る−

コーディネーター:加古 敏之(神戸大学)・中塚 雅也(神戸大学)
第1報告:中溝 武夫 ((株)トーホーCSR担当常務)
        「企業のCSR活動としての兵庫県楽農生活センターへの参画」
第2報告:芦原 安男(兵庫県加古川市・八幡営農組合組合長)
        「営農組合を核にした市民参加による地域農業の管理」
第3報告:内平 隆之(神戸大学農学研究科地域連携センター)
        「神戸市水道筋商店街におけるムラの拠点づくり支援と学生参加」
コメンテーター:3人を予定

企業やNPO、都市住民など、多様な主体の協働による農業・農村の管理・発展について、兵庫県下の先進的な取り組みや支援体制に関する報告を通して議論する。また、協働やネットワークの広がりと「地域キャピタル」との関係、大学・研究者の役割についても考える。