ホーム > ホーム > 「植物工場」の動向に関する講演会開催についてのお知らせ

「植物工場」の動向に関する講演会開催についてのお知らせ

日本弁理士会関西会より、下記の講演会開催についてご案内がありました。

【テーマ】 『農業の最先端・植物工場が実現する未来の社会とは』~守るべきノウハウ・攻めるべき知的財産権~
【日 時】 令和元年7月6日(土)午後1時~5時(開場 正午)
【場 所】 松下IMPホール(大阪市中央区城見1-3-7 松下IMPビル2階)
【定 員】 700人(先着順・事前申込制)
【参加費】 無料
【主 催】 日本弁理士会 関西会
【協 賛】 近畿経済産業局、公益財団法人大阪産業局、中小企業基盤整備機構近畿本部他
【受付期間】 令和元年6月11日(火)~7月5日(金)まで(先着順)

講演内容
1.【基調講演】人工光型植物工場の動向と都市での展開の可能性 ~大阪府立大学植物工場研究センターを事例に~
   講演者:増田 昇 氏(大阪府立大学名誉教授、大阪府立大学 植物工場研究センター長)

2.【講演1】 有用物質生産目的植物工場の技術開発と動向
   講演者:松村 健 氏
  (国立研究開発法人産業技術総合研究所 生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループ長、
   北海道大学農学院客員教授)

3.【講演2】 持続可能な社会を創る ~次世代型植物工場の挑戦~
   講演者:稲田 信二 氏(株式会社スプレッド 代表取締役社長)

講演の概要、参加申込方法、お問い合わせ先については、下記のPDFファイルをご参照ください。
弁理士の日記念講演会リーフレット.pdf

以上よろしくお願いします。