ホーム > 表彰 > 個別報告優秀賞表彰規程

個別報告優秀賞表彰規程

地域農林経済学会個別報告優秀賞表彰規程

(趣旨)
1.若手会員の学会個別口頭報告への積極的参加の奨励および顕彰を目的とする。
(応募の資格)
2.若手(37歳未満)による報告で、報告者が筆頭報告者として報告するものとする。
(応募の要件)
3.「大会前提出原稿」の提出を必要とする。また、すでに研究論文等として投稿中の研究は応募できない。
(表彰の基準)
4.地域農林経済学会個別口頭報告で、下記の条件に適う優秀なものを優秀賞として表彰する。
(1) 設定された課題が魅力的であり、独創性・新規性・将来性のある優れた報告であること。
(2) 聴衆にわかりやすく理解されやすい報告であること。
(表彰の件数)
5.表彰の件数は若干名とする。ただし、3の基準を満たす報告がない場合は表彰しないこともありうる。
(表彰)
6.その業績をあげた会員に賞状を授与する。
(審査の手続き)
7.企画担当常任理事を中心に個別報告優秀賞選考委員会を組織し、この委員会が審査会を開催して受賞候補を選考し、会長の承認を経て受賞者を決定する。
(規程の改正)
8.本規程の改正は、常任理事会の議を経て理事会で決定し、総会の承認を得なければならない。
付 則
1. 本規程に関する細則は、別に定める。
2. 本規程は、2009年10月26日より実施する。
3.本規定の一部改正は、2011年10月24日より実施する。