ホーム > 表彰 > 個別報告優秀賞審査手続き細則

個別報告優秀賞審査手続き細則

地域農林経済学会 個別報告優秀賞審査手続き細則

(個別報告優秀賞選考委員会の構成)
1.大会に参加する企画担当常任理事、編集委員をもって個別報告優秀賞選考委員会を組織し、個別報告優秀賞を審査する。審査に必要とする委員を確保できない場合は、企画担当常任理事の中から選ばれた責任者が、正会員から必要人数を選任する。個別報告優秀賞選考委員会の議長は、企画担当常任理事の中から選ばれた責任者が務める。

(審査手続き)
2.個別報告優秀賞の審査に応募した報告を複数グループに分け、グループごとに委員3~4人をもって審査に当たる。報告は通常の個別報告と同じ日に、同じ様式で行うが、優秀賞審査会場および時間は、通常の個別報告とは別に企画担当常任委員が決定する。

(審査方法)
3.所定の採点表にしたがって各委員が割り当てられた会場の全報告を評価し、委員の評価点の平均点を当該個別報告の得点とする。一次審査では「報告の明解さ」「研究内容の意義」「研究内容の達成度」について、それぞれ5点満点、合計15点満点で採点し、議長に提出する。
なお、個別報告優秀賞を受賞する報告は、少なくとも個別報告論文として掲載される権利があることに鑑み、1)一般投稿論文として投稿された場合はAあるいはBの評価が得られる水準にあること、2)個別報告論文として投稿された場合は採用の評価が得られる水準にあることを要するものとする。

(審査会)
4.一次審査の得点にしたがって得点順位を付け、上位4~5件を一次候補として選考する。一次候補について、委員会全員で協議し、若干名を受賞候補として選考し、会長の承認を経て受賞者を決定する。

(細則の改正)
5.本細則の改正は、常任理事会の議を経て、理事会で決定する。
付 則
1. 本細則は2009 年10 月26 日より実施する。
2. 本改正は2011 年10 月22 日から施行する。
3. 本改正は2013 年10 月18日から施行する。