ホーム > 学会誌 > 『農林業問題研究』投稿規程細則

『農林業問題研究』投稿規程細則

PDF

1.論文構成と句読点等の記載方法
(1)論文構成は、節〔1.、2.、…〕,中節〔(1)、(2)、…〕、小節〔1)、2)、…〕の順での区別を原則とする。
(2)句読点はコンマとピリオド、単位は%、kg、ha等の略号であらわす。

2.注
注は、本文全体を通した連番を付け、本文の後に一括して示す。また、本文における注の挿入箇所に1、2のように上付き数字を示す。

3. 文献の引用
文献の引用は最小限にとどめ、著者名とその発表年を示す形で行う。タイトルやURLなどの書誌情報を一緒に記載してはならない。文献は本文中の該当箇所に引用することを原則とするが、研究分野や内容の特質上適切と判断される場合には、注に引用することも認める。文献の引用は以下の要領で行う。ただし、著者名の表記方法は、以下の4(1)に従う。
(1)文の末尾に示す場合は、著者の姓と西暦による発表年を括弧内に挿入する。著者名と発表年はコンマで区切る。
和文例)…が明らかになっている(鈴木,2011).
英文例)… is revealed (Suzuki, 2011).
(2)文中に示す場合は、著者の姓に続き、括弧内に発表年を示す。
和文例)鈴木(2011)によると….
英文例)According to Suzuki (2011), ….
(3)文の末尾に続けて2つ以上の文献を示す場合には、セミコロン(;)で区切って示す。その際、日本語文献では50音順、アルファベット表記の文献ではアルファベット順、中国語文献ではピンインのアルファベット順に並べる。ただし、同一著者の文献を2つ以上示す場合には、発表年をコンマで区切って連記する。
和文例)(佐藤,1999;鈴木,2011;Johnson, 2005;Smith, 2000)(鈴木,2009,2011)
これは鈴木(2009,2011)と同じ結果である.
英文例)(Johnson, 2005; Sato, 1999; Smith, 2000; Suzuki, 2011) (Suzuki, 2009, 2011)
These findings are consistent with Suzuki (2009, 2011).
(4)著者が2名の文献は、両方の著者の姓を記し、日本語文献または中国語文献の場合は中点(・)、アルファベット表記による文献の場合は“and”でつなげる。著者が3名以上の文献は、筆頭著者の姓のみを記し、第2著者以降の著者の姓は、日本語文献または中国語文献の場合は「他」、アルファベット表記による文献の場合は“et al.”として省略する。
和文例)(鈴木・佐藤,1999)(鈴木他,2009)
鈴木・佐藤(1999)と鈴木他(2009)で示されたように….
英文例)(Suzuki and Sato, 1999) (Suzuki et al., 2009)
As shown in Suzuki and Sato (1999) and Suzuki et al. (2009), ….
(5)同一著者による同一年発表の複数の文献を引用する場合は、引用する順にアルファベットの小文字(a、b、…)を発表年に付する.
和文例)(鈴木,2000a,2000b)
鈴木(2000a,2000b)は…を提示した.
英文例)(Suzuki, 2000a, 2000b)
Suzuki (2000a, 2000b) proposed ….
(6)文献の特定の箇所を引用する場合は、当該箇所のページ番号を発表年の後にコロン(:)で区切って示す。
和文例)(鈴木・佐藤,2011:p. 10)(佐藤他,2014:pp. 32-45)
鈴木・佐藤(2011:p. 10)や佐藤他(2014:pp. 32-45)と同様に….
英文例)(Suzuki and Sato, 2011: p. 10) (Sato et al., 2014: pp. 32-45)
As with Suzuki and Sato (2011: p. 10) and Sato et al. (2014: pp. 32-45), ….
(7)統計資料などの複数年にわたる文献を引用する場合、発表年は開始年と終了年の両方を示す。
和文例)(農林水産省,1995-2014a,1995-2014b)
データは農林水産省(1995-2014a,1995-2014b)から収集された.
英文例)(MAFF, 1995-2014a, 1995-2014b)
Data were collected from MAFF (1995-2014a, 1995-2014b).

4.引用文献一覧
引用文献一覧は、以下の方法と下記の例にならって原稿の末尾(注の後)に一括して示す。資料として用いた文献も引用文献一覧に含める。ただし、原稿中で言及していない文献を参考文献として加えてはならない。
(1)引用文献の表記方法
(a)和文論文における引用文献の場合
i)日本語文献、中国語文献、欧文文献(アルファベット表記の言語による文献)はそのまま示す。なお、中国語文献の漢字については、原則として簡体字や繁体字は使用せず、日本語のフォントで入力可能な漢字に置き換える。
ii)その他の文字を使用した外国語の文献は、原語における読みをアルファベット表記に直して示す。その際、文献のタイトルに定まった英語訳が存在する場合には、アルファベット表記による原語のタイトルに続けて括弧内に英語によるタイトルも示す。
(b)英文論文における引用文献の場合
i)欧文文献(アルファベット表記の言語による文献)はそのまま示す。
ii)その他の文字を使用した文献(日本語文献や中国語文献を含む)は、(a)ii)に準じた方法で示す。ただし、文献のタイトルに定まった英語訳が存在する場合には、その記述言語を末尾の括弧内に明記した上で、アルファベット表記による原語のタイトルは省略してよい。
(c)その他
i)引用文献一覧における書籍のページ数は、編著の1章分を引用する場合にのみ示す。書籍の特定のページを引用する場合は、引用文献一覧ではページ数を記載せず、3(6)の方法に従って引用箇所でページ数を明記する。
ii)オンラインジャーナルで論文ごとに独立したページ番号が振られている場合は、ページ数を記載せずに末尾にDOIを示す。
iii)引用文献一覧では、文献の著者全員を記述する。「他」や“et al.”を用いて、第2著者以降を省略してはならない。
(2)著者名の示し方
(a)日本語または中国語表記の文献の著者は、フルネームを示す。
(b)アルファベット表記の文献の著者は、family name以外の名は頭文字であらわす。
(c)著者が2名以上いる日本語または中国語表記の文献では、著者姓名の間を中点(・)で区切る。アルファベット表記の文献では、著者が2名の場合は著者姓名の間に“and”を記し、著者が3名以上の場合は第1著者から最終著者の1つ前の著者までの間はコンマで区切り、最終著者との間には“and”を記す。
(3)引用文献一覧における文献の並べ方
(a)和文論文における引用文献の場合
引用文献に複数言語の文献が含まれている場合、文献を言語ごとにまとめて、日本語文献、アルファベット表記の文献、中国語文献の順に示す。その上で、言語ごとに文献をその筆頭著者の姓に基づいて並べる。日本語文献では50音順、アルファベット表記の文献ではアルファベット順、中国語文献ではピンインのアルファベット順に並べる。
(b)英文論文における引用文献の場合
全ての引用文献はアルファベットで表記されるので、言語ごとに文献をまとめることはせずに、筆頭著者の姓のアルファベット順に並べる。
(c)同一著者の複数の文献を示す場合は、発表年の古いものから順に並べる。

例1:和文論文の場合
<日本語文献>
草苅仁(1985)「稲作の技術進歩と収量変動」崎浦誠治編『経済発展と農業開発』農林統計協会,193-213.
辻村英之(2009)『おいしいコーヒーの経済論―「キリマンジャロ」の苦い現実―』太田出版.
中間由紀子・内田和義(2010)「生活改善普及事業の理念と実態―山口県を事例に―」『農林業問題研究』46(1), 1-13.
農林水産省(2011)「農業者戸別所得補償制度について」(http://www.maff.go.jp/j/seisaku/kobetu_hosyo/)[2011年7月5日参照].
農林水産省編(2011-2015a)『平成21~25年産工芸作物等の生産費』農林統計協会.
農林水産省編(2011-2015b)『平成21~25年産米及び麦類の生産費』農林統計協会.
Varian, H. R. (1984) Microeconomic Analysis, 2nd ed.(佐藤隆三・三野和雄訳『ミクロ経済分析』勁草書房,1986).

<英語文献>
Food and Agriculture Organization of the United Nations (2011) FAOSTAT. (http://faostat.fao.org/site/291/default.aspx) [Accessed July 5, 2011].
Hayami, Y., Kikuchi, M. and Marciano, E. B. (1999) Middlemen and peasants in rice marketing in the Philippines. Agricultural Economics, 20(2), 79-93.
Stern, N. (2007) The Economics of Climate Change: The Stern Review. Cambridge: Cambridge University Press.

<カンボジア語文献>
Knodel, J., Kim, S. K., Zimmer, Z. and Puch, S. (2005) Monus chas nov kampuchea: Tinneakney pi ka angket monus chas nov kampuchea chhnam 2004 (Older persons in Cambodia: A profile from the 2004 survey of elderly). Phnom Penh: United Nations Population Fund.

例2:英文論文の場合
Gardner, B. L. and Rausser, G. C. (Eds.) (2002) Handbook of Agricultural Economics, Volume 2A: Agriculture and Its External Linkages. Amsterdam: North-Holland.
Lentz, E. C. and Barrett, C. B. (2013) The economics and nutritional impacts of food assistance policies and programs (ESA Working Paper No. 13-04). Rome: Food and Agriculture Organization of the United Nations. (http://www.fao.org/fileadmin/templates/esa/Papers_and_documents/WP_13-04_Lentz_Barrett.pdf) [Accessed July 19, 2015].
Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan (MAFF) (Ed.) (2011-2015a) Production Cost of Industrial Crops (2009-2013). Tokyo: Association of Agriculture and Forestry Statistics (in Japanese).
Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan (MAFF) (Ed.) (2011-2015b) Production Cost of Rice, Wheat and Barley (2009-2013). Tokyo: Association of Agriculture and Forestry Statistics (in Japanese).
Ogasawara, M. and Iba, H. (2009) Information network structure in the communal farming for organization management. Journal of Rural Problems, 45(3), 297-304 (in Japanese with English abstract).
Stiglitz, J. E. (1991a) Another century of economic science. Economic Journal, 101, 134-141.
Stiglitz, J. E. (1991b) Rational peasants, efficient institutions, and a theory of rural organization: Methodological remarks for development economics. In: P. K. Bardhan (Ed.) The Economic Theory of Agrarian Institutions. Oxford: Oxford University Press, 18-29.
Wolf, C. A. and Widmar, N. J. (2015) Can insurance provide the US dairy farm safety net? Agricultural and Food Economics, 3. doi:10.1186/s40100-015-0031-8

(平成26年5月14日改正)
(平成27年10月30日改正)