ホーム > 第72回地域農林経済学会大会

各種申込要項

1. 各申し込みの先のURL・提出期限および連絡先一覧

個別報告申し込みおよび要旨提出 (締め切り日時:8/22(月)23:59)
URL:' https://business.form-mailer.jp/fms/ebc136a9173043' パスワード【20220822】
個別報告で用いるプレゼンファイル(PDF)の提出 (締め切り日時:10/14(金)23:59)
URL:https://business.form-mailer.jp/fms/9b6f3b99173045 パスワード【20221014】
個別報告論文予稿の提出 (締め切り日時:10/14(金)23:59)
URL:https://business.form-mailer.jp/fms/2e5e7cff173044 パスワード【20221014】

個別報告申し込み,プレゼンファイル提出,個別報告優秀賞応募に関する問い合わせ先
   arfe-plan2021@googlegroups.com 地域農林経済学会企画担当理事
個別報告論文予稿に関する問い合わせ先
   editors-arfe@nacos.com 地域農林経済学会常任編集委員会

2. 個別報告の要旨原稿の様式・申し込み方法等に関して

(1)個別報告の要旨原稿の様式
1) 要旨原稿のフォーマットは,学会ウェブサイト(https://a-rafe.org/)の「学会誌」にある個別報告要旨様式(作成要領・見本)を参照してください。
2)要旨原稿は,Wordで作成したファイルを,必ずPDFファイルに変換してください(A4版:1枚)。
ファイル名は,下記の事例を参照してください。

例)(単独の場合)○○大学・農経花子.pdf (複数の場合) ○○大学・農経花子他.pdf

また,所属機関の書き方は,下記の事例を参照してください。

例)(社会人の場合)○○大学, ○○研究所,(大学院生の場合)○○大学大学院
(学部学生の場合)○○大学△△学部,(日振特別研究員の場合)学振特別研究員・○○大学

★ 個別報告要旨は学会ウェブサイトにアップロードします。

(2)個別報告の申し込み方法
1)申し込みおよび要旨原稿(PDFファイル)の提出は,上記URLから行ってください。
2)フォームの「Ⅸ個別報告要旨のファイル(PDFに限る)を添付してください。」の欄では,参照ボタンをクリックし,要旨原稿ファイルを選択してください。
3)「送信する」のボタンを押した後,返信メールが,連絡先メールアドレスに送られる仕組みになっています。数時間たっても連絡先メールアドレスに,受付完了のメールが届かない場合には,再度申請をお願いいたします。
4)「地域農林経済学会個別報告申請フォーム」入力に関しての質問は,電話では一切受け付けません。また,入力ミスへの修正対応はできません。
5)筆頭報告者には,会員の資格が必要です。非会員の方には,入会手続きをお願いいたします。個別報告の申込期限(8月22日(月))までに,入会金と年会費の納入が必要です。詳細は,学会ウェブサイトを参照ください。

(3)個別報告で使用するプレゼンテーションファイル等に関して
1)個別報告でPDFファイルをプレゼンテーションに使用する場合
☆プレゼンファイルは,PDFのみです。PowerPointなどで資料を作成される場合は,必ずPDFファイルに変換をしてください。
① 個別報告会場に備え付けのプロジェクターとPC(OSはWindows)で報告していただきます。持ち込みPC,タブレット,OHP等は利用できません。
② プレゼンファイルは,10月14日(金)23時59分までに,上記URLから提出してください。締切り以降は受け付けません。また,当日のファイルの差し替え等も受け付けるとはできません。
会場でのPC使用の便宜のため,PDFファイルには,下記のように名前を付けてください。

例)報告者が,個別報告優秀賞に応募で,第1会場の第1報告の場合
  (単独の場合)特0101・農経花子.pdf (複数の場合)特0101・農経花子他.pdf
  報告者が,一般報告に応募で,第3会場の第6報告の場合
  (単独の場合)0306・農経花子.pdf (複数の場合)0306・農経花子他.pdf

③ ファイルの容量の上限は,3MBです。3MBを超えるファイルは,受け付けることができませんので,図や写真を圧縮するなど工夫してください。

2)個別報告で紙媒体を用いる場合
聴講者数分の部数を用意して,当日報告会場に持参してください(事務局では印刷は行いません)。

3. 個別報告論文としての投稿に関して

(1)大会終了後に個別報告の内容を「個別報告論文」として『農林業問題研究』に投稿する予定がある場合には,「個別報告論文投稿要領」(学会ウェブサイトに掲載)の2に従って,「個別報告論文予稿」を作成してください.なお,「個別報告論文予稿」を作成する際には,学会ウェブサイトに掲載されている「個別報告論文テンプレート」を必ず用いるとともに,8ページ以内に収まるようにしてください。

(2)作成した「個別報告論文予稿」は,10月14日(金)23時59分までに上記URLから提出してください(PDFファイルに変換のこと)。
なお,学会ウェブサイトの「研究大会」-「個別報告-申し込み要項」からも上記URLにリンクしていますので,そちらから利用して頂くことも出来ます。
※「個別報告論文予稿」を上記提出先に期限までに提出しない場合,個別報告論文の投稿が認められませんので,注意してください。

(3)個別報告論文予稿のPDFファイルには,下記のように名前を付けてください。

例)報告者が,個別報告優秀賞に応募で,第1会場の第1報告の場合
  (単独の場合)特0101・農経花子.pdf (複数の場合)特0101・農経花子他.pdf
  報告者が,一般報告で,第3会場の第6報告の場合
  (単独の場合)0306・農経花子.pdf (複数の場合)0306・農経花子他.pdf

(4)ファイルの容量の上限は,3MBです。3MBを超えるファイルは,受け付けることができませんので,図や写真を圧縮するなど工夫してください。

(5)大会終了後に提出して頂くことになる個別報告論文の投稿方法・締め切り等については,大会前に常任編集委員会から投稿案内がメールにて送付される予定です(学会ウェブサイトでも告知します)。個別報告論文の書き方・提出方法等については,学会ウェブサイトに掲載される「個別報告論文テンプレートファイル」および「個別報告論文投稿要領」に従ってください。

(6)連名報告での報告者の順番と,個別報告論文での執筆者の順番は,同じでなければなりませんので,ご注意ください。

4.個別報告優秀賞の応募方法について
個別報告優秀賞に応募される方は, 「個別報告論文予稿」の提出が必須です。「個別報告論文予稿」の提出がない場合には,審査の対象になりません。
個別報告を申し込まれる際に,「地域農林経済学会個別報告申請フォーム」の以下の3項目に必要事項を記入し送信してください。
 【Ⅷ個別報告優秀賞への応募を希望しますか?】
 【「はい」と希望した場合には,2022年10月22日時点での筆頭報告者の年齢を入力してください。】
 【今回の応募は,研究論文等として投稿中の研究ではありませんね?】
なお,個別報告優秀賞への応募できるのは,2022年10月22日時点での筆頭報告者の年齢が37歳未満の場合です。また,すでに研究論文等として投稿中の研究は応募できません。ご注意ください。